うぇんず
横浜の片田舎にあるブラッスリーアムール。
「二十四節季コース」
"柳緑"

ネーミングセンスに引っ張られるように、お皿の上のお料理も、がんばって高みへ昇華していく途中経過。プロセスで、途中だから、きっと味は少しボヤけている。こんな印象。
でも、そんなことより、シェフか、その奥様の言語感覚のインプットは、きっと色んな詩集や小説から得てるんだろうなぁという、第1ボタンをしゃんっと閉めている感性を感じた。
2018-11-30
...